営業職といえば、会社にいない多忙な職業に分類されると思います。立ち食いそば屋で、昼食を取り外回りを続け、ちょっとでも時間があれば、お客に一本電話をかけるイメージが有りますよね。できる営業マンは、会社にいるわずかの時間を利用して会社内の情報交換を行います。

社内にいる技術者や他のスタッフ同士は、どのように情報交換の機会を持ったら良いのでしょうか。

社員全員が集まって月に一度、ちょっと贅沢なお弁当でランチをしている中小企業があります。かしこまった会議ではありませんし、発言を強制されるわけでもありません。最近、気づいたことや気になっていること、ちょっといい話など仕事で役に立ちそうな話などの情報共有をしているのです。

社員数30名足らずと、それほど多くないのでできる事なのかもしれませんが、弁当ならお酒の飲めないメンバーも参加可能ですし、フランクになり過ぎないのでオススメです。