こんにちは、営業コンサルタントの小幡英司です。

冒頭からご挨拶させていただきましたのは、本職の話しをお伝えしたかったからです。

ひとつコンサル契約が終了しましたので、新規のクライアント様募集のお話です。下記の条件であてはまる企業経営者様がありましたらご連絡ください。

1.お客様は紹介しません
こういうお話は、お断りしています。これまで信頼関係があるお客様をお繋ぎしたところ、トラブルを起こしてご迷惑をお返したことがあります。信頼関係の構築こそが、営業マンの最も大事にしなければならないところを一足飛びに売れそうな客を紹介してもらおうとか考えが甘いです。

2.あなたの会社の商品は売りません
お話を伺いたいと問い合わせがあって、よくよく聞いてみると「売れたら成果報酬で」というような話もお断りしています。そういう案件は、営業代行の会社に依頼されてください。必要でしたらご紹介もします。

3.途中でお断りすることがあります
お話をお伺いして「これは無理だな」と思った場合は、お引き受けしないことがあります。申し訳ありませんが、お引き受けしません。また、お引き受けしても、契約の途中で契約の解除をお願いする場合があります。お断りする理由は、シンプルです。

・お願いしていることをやらない
・進捗が判らず、しかも何も聞いてこない

営業で使う資料の元を用意してとお願いしても出来ていない、過去の販売実績データも出さないといった状態では、何も手の打ちようがないからです。

4.社長にやる気がない場合もお断りしています
過去に一社だけありましたが、やる気の感じられない社長がいました。こちらも駆け出しコンサルタントでしたので営業の現場にも手を出していたのですが、あれだけ仕事に情熱のない経営者は、後にも先にも一人だけですね。開発センターを分社化して切り売りしていたのですが、今はどうされているのでしょうか。

色々と上から目線で書きましたが、変に期待を持たれてもお互いに不幸ですので。

一緒にどうやったら売れるかを考えて実行に移せる経営者様、ご連絡お待ちしております。